吉井朋子司法書士事務所の所長日記


by tomoffice

ルミナリエ

明日から、神戸では、ルミナリエがはじまるそうです。

ルミナリエ。
関西の人には有名ですが、阪神淡路大震災が起こった1995年から開催されています。

阪神淡路大震災の犠牲者のみなさまの鎮魂の意を込めると共に
被災地の復興と再生への夢と希望を託してはじめられたものです。

私も、震災当時、宝塚の祖父の家に下宿しており、
被災しました。

あのときの衝撃は、思い出すと、まだ涙がでます。

壊れるはずがないと信じていたものも、全部、壊れていました。
建物、道路、電柱・・・などなど
道に出ると、ガスのにおいが充満しています。

思いました。

「もの」は、壊れるものなんだ・・・と・・・。
だから、心だけは、しっかり守らないといけないんだって。

そう、当時強く思いました。

だけど、今だからわかりますが、
当時の私の心は、ぼろんぼろんになってたんですけどね・・・。

震災から10年たったとき、ルミナリエについて、ひとつの文章つくりました。

今でも、ルミナリエのことを思うと、同じ思いになります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「神戸ルミナリエ」の灯火に込められた想いを強く感じたい。
「勇気」「希望」。
その光は、人々の涙をさそう。
その涙は、人々の心を洗うだろう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年も、勇気と希望をありがとう。
[PR]
by tomoffice | 2010-12-01 19:43 | つぶやき