吉井朋子司法書士事務所の所長日記


by tomoffice

変化

うちの事務所開設以来、ずっとお世話になっていた方。

この年末で会社を退社されるって、わざわざご挨拶におこしいただいた。

司法書士事務所としては、ちょっと変わったお仕事をさせていたていただいていて。
そのお仕事の仕方も、その担当者の方と試行錯誤して生み出したものだった。

もう5年以上前のこと。

確かにそれから、時代は動き、不動産の業界でもたくさんの変化があった。

その方の「退社」をきいて、時代の変化をつくづく感じる。

どんなときでも、どんなことがあっても、私を支持してくださった。
私の事務所を支持してくださった方。

会社を退社されても、縁が切れることは決してないけれど。
今までのようにほぼ毎日のようにお電話したりすることはなくなってしまう。

素直に寂しい。

お仕事においてのお父さんみたいな人だったんだなーって、今、思う。

私は、その方のために、何をすることができるんだろう。
本当にお世話になった方のために。
これから、私ができることって、何だろう。

心ばっかりが、忙しい。

もう少し、考える時間が必要かも。
でも、時間は待ってくれない。

「変化」なのかもしれない。

でも、「変化」は、とてもとても寂しいものなんだね。

寂しい気持ちを振り切って。
「変化」に対応していくことも。
私が、していかなくてはいけないことの一つ。

いつも思う。

「変化」は、寂しいものがあるんだって。
それを乗り切るのも、私。

いつもそうだった。
これからも、きっとそう。
[PR]
by tomoffice | 2010-11-02 18:28 | つぶやき