吉井朋子司法書士事務所の所長日記


by tomoffice

オンライン指定庁なのに、権利証が発行?!!!

9月ラストの日。
今年も、残すところあと3ヶ月になっちゃいました。

いろいろ想うことが多い 私にとってひとつの区切りの9月30日。
おかげさまで、バタバタさせていただいている間に、一日が終わってしまいました056.gif

仕事に走り回れていることは、幸せのしるし。
いそがしくたって、がんばれちゃう!
がんばっちゃう!

また、そう思える一日です。

さて。
今日は、非常にイレギュラーな事例に遭遇しました。

たくさん物件をお持ちの方の相続登記。

オンライン指定庁なのに、ひとぉ~つ、なぜか、簿冊のまま登記簿が残っている物件があった。

これ。
登記申請するとき、オンラインで申請できないんすね。

そこまでは想像できたとして。。。

権利証は、もう新しく発行されないはずで、登記識別情報が発行されるはずなのに。。。

簿冊の登記簿謄本しかないという理由(?)により、権利証が発行される!!!!!

今回は、相続登記だったので、「申請書副本」っちゅうもんを添付し、それに法務局が受け付け番号の反抗を押してくれ、それが、権利証になるわけですわ。。。

えぇ~~~~!!!

なんとなく、私の中で、既に幻になってきている権利証。

久しぶりに、ほんまに久しぶりに。
新しく発行される権利証に、出会えそうです。

きっと。
次、この物件を扱う司法書士さん。
なんで、この時期に「権利証」が発行されとるん??って、疑問に思いはるかもなぁ~。

そういうときは。
登記簿がコンピューター化された年月日を確認していただいたら、その権利証が正規のものかどうか、判断っできると思われます。

オンラインシステムの仕組み上。
そゆこともあるねんなぁ~って、つくづく実務の深さを実感した一日。

権利証の表紙、つくるの久しぶりっ053.gif
なぜか、なぜか、レトロな感じに、ワクワクします。
[PR]
by tomoffice | 2009-09-30 19:17 | お仕事