吉井朋子司法書士事務所の所長日記


by tomoffice

うみの苦しみと「のーてんき」

本日は、なんか同業者の方からお電話いただくこと多かったす056.gif

わたくし、スペシャル元気にしとりますーっ。

こちらのブログをみてくださっている方、あんがとです。
内容なくて、ごめんなさいです・・・。

いきなりですが、わたし。
「のーてんき」な性格だと、よく言われまして・・・。

はぁ~・・・。そうなのでしょうか??

これでも、生きてきた間に、いろーんな壁にぶつかり。ぶつかり。ぶつかり。ぶつかり。
中学のころは、人間関係で壁にあたり。
高校のときは、夢を追いかける壁にぶつかり。
大学のころは、自然という壁をしり。
ぷーたろうのときは、それまた、自分でつくった壁に苦しみ。
勤務時代は、そりゃまた、人間関係の壁にぶつかり。
独立してからは、仕事の壁にもぶつかり。

そりゃもう、ボコボコ、どすんどすんの生き方しとります。
人間不信になっとっても、おかしくありまへん!

自分でいうのも、なんですが、ほんま、猪突猛進の性格でございやして。
信じたら、まっすぐすすむ。どこかの壁にぶちあたるまで、まっすぐすすむ。

そりゃまぁ、壁にぶつかりますと。わたしも、非常に悩みもがくわけです。
そのもがきが、心の奥底で長年続くこともあります。
世間では、トラウマというのでしょうね。

でも。私が、今も、根本かわらず生きているのも。
周囲の人間に恵まれているというのも、本当にあるのですが・・・

あるいみ、「のーてんき」になれるからなのでは・・・?と、思うんですわ。
すっごい苦しんで、もがいて。
一時的には、ほんまに、あかんくなりそうになり。

でも。いつも、ふと思えるときがくるんです。
「前を向いていこう!」って。
「前だけをみていこう!」って。

そう思えるようになってくると、わたし、強いんでしょうか?
また、前進、前進!!になれるのです。

それを「のーてんき」と世間は表現するのやもしれませんが・・・。

でも、壁にぶちあたったとき、人はきっと、ほんとーーーーにいっぱい勉強すると思うんです。
その壁が大きければおおきいほど、たくさん勉強できることがある。

その「のーてんき」がうまれるまでは、本当の苦しみは味わいます。
そう。うみの苦しみ。
自分の中で、すべて整理がつかないと、「のーてんき」はうまれません。
「なぜ?どーして???」
こんな状況では、無理。

なんどもなんども、「なぜ?どーして???」を繰り返して
また自分ができる。

そんなこんなで。
「のーてんきだねーっ」といわれるの。
誉め言葉ですよね??って、思うわけで。。。

さんまさんぢゃないけれど、「生きてるだけでまるもうけ」なわけですよ。

そう思えるのって、幸せな人生。

そう。しあわせな気持ちも、自分次第ってことで。

壁にぶつかったら、たくさん考えて、苦しんで、悩んだらいい。
苦しいときに、いつも思い出す言葉。
誰の言葉かわすれちゃったけど

「神様は、その人が乗り越えることができる課題しか与えない。」

その言葉、信じてます。そして、信じることができる言葉だとみんなに伝えたい。

e0152153_20402097.jpg


沖縄のホテルからの景色。
絶景ですー053.gif
[PR]
by tomoffice | 2009-05-08 20:53 | つぶやき